スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイソーのモバイルバッテリー(税抜300円)を分解して容量と充電性能を調べてみた。

ーーー※注意※ーーー
リチウムイオン充電池関連製品の分解は発火及び爆発の危険を伴う為安易に行わないで下さい。
ーーーーーーーーーー

 ダイソーでリチウムイオン充電池を使ったモバイルバッテリーが販売されているという話は以前より知ってはいたのですが、ついに地元函館の方にもやって来た様です。
2017060303441039f.jpg

 「(何かヤバそう)」と思いつつも好奇心に負け購入。
ケーブル込みで300円、ご丁寧に説明書付きです。
製品パッケージには2000mahの文字。
普通なら300円で売れる品ではありません。

 早速分解。(危ない)
20170603034515f93.jpg
中の電池はICR18650 2600mah 3.7v。(ちょっと造りが雑……)
……2600?

 これの同品や同型品と思わしき製品を他の方が分解していますが、中身は2000mahであって2600mahではありません。
通常、まともな18650型(2600mah)が電池のみでも300円で買える訳も無く、何か別の製品から流れて来たものと予想。

 まあそれは置いときまして、(大雑把にですが)このバッテリーの性能を調べてみました。

 まず充電容量を計ってみましょう。
USBライトで放電させた後に充電。
充電開始時点で3.35v。
結果は2417mahで充電完了。
201706030346200a8.jpg
2600mahの製品に対し2400mah充電出来たので電池のスペックは本物と見て良さそうです。
(※:このXTAR製充電器のmah値は電池に充電された分の容量を示しており、電池そのものの総容量を示している訳では無いので注意。※:充電は製品の充電回路経由では無くXTAR製充電器で18650型電池を直接充電しています)

 製品パッケージの2000mahに対しわざわざ高コストな2600mahの物が装填されているので、やはり本来は別の製品に搭載される予定だった電池が何らかの理由でこちらに転用された物なのでしょう。
この製品は2000mahとして販売されているものなので良い意味でスペック詐欺と言えそう。

 次は放電能力。
と言っても電池そのものでは無く充電回路含めた充電器としての能力を測定しています。

 大まかな電圧と電流が解るUSBチェッカーを介してUSBライトを点灯。
測定間隔は15分毎、給電停止まで。(出力電流が30maの範囲で細かくブレるので平均値を記載)
20170603034738677.jpg

開始時点) 4.95v 490ma
30分経過) 4.95v 490ma
60分経過) 4.95v 480ma
1時間30分経過) 4.93v 480ma
2時間経過(時間計測ミスにつき以降十数分ズレ) 4.94v 480ma
2時間30分経過) 4.96v 470ma
3時間経過3分前で停止) 4.96v 460~490ma付近

 再充電し次はUSBライトを増設。
20170603034814f23.jpg

開始時点) 4.93v 840ma
30分経過) 4.79v 800ma
60分経過) 4.69v 780ma
1時間30分経過手前) 4.69v おおよそ800ma(電池側の電圧:3.25v)

 次に再充電の後に消費電力分を測定。
2017060303491584b.jpg
結果2491mah充電されたので電力自体は十分取り出せている様子。

 次はXPERIA Z ultra(ズルトラ)の充電テスト。
ズルトラ側のバッテリー容量は3050mahで、残量50%からスタート。
20170603035041ff9.jpg

開始時点) 4.96v 950ma
30分経過) 4.64v 830ma
60分経過) 4.67v 790ma
1時間30分経過) 4.83v 720ma
1時間45分経過) 4.97v 680ma

 結果93%で停止した為おおよそ43%充電出来た模様。
20170603035130fd3.jpg
ズルトラ側のバッテリー劣化を考慮しても、本来2000mahの充電器として販売されている物としては十分な性能です。
(モバイルバッテリーへの充電は説明書通りの充電方法では無く内部の18650型電池をXTAR製充電器で直接充電しており、その点を考慮する必要がありますので、正攻法で充電した後にXTAR製充電器で充電してどの程度差があるのか計測してみました。 結果44mahだけ充電されたのでほぼ差無しと見て良さそうです)

 総評。
信頼性や耐久性を考慮しないのであれば、300円なら性能十分と言えそうです。
以上、ダイソーモバイルバッテリーの調査でした。
パーツ取りにも良いかもしれませんが、事故だけは気を付けて下さいね。



(……あれ、この調査中身が普通の2000mahだったら意味無いんじゃ)


6/10追記:
調査終了につきバッテリーはリサイクルボックスに送られました。
スポンサーサイト

フラッシュライト×2をマウントレールで繋げてみる試み。

 フラッシュライトとフラッシュライトをマウントレールで繋げてみる試み。
 異なるライト、異なる光源を二つ連結させる事により、単純に光量アップが行える他、異なる照射パターンの合成や、片方にディフューザーを被せ通常光と拡散光の組み合わせをしたりといった事も可能に。
(そして何より独特な見た目が楽しい)

・第一号
TrustFire C8-T6 & UltraFire WF-502B
20170602011344e73.jpg 20170602011344cf6.jpg

・第二号
solarforce(LC-XPL V3バルブ) & UltraFire WF-502B
本格的に使う為にkeeppower 3500mahの電源導入。
201706020113441b3.jpg 201706020113441d2.jpg

・第三号
新型マウントレールの導入により小型化
20170602011344bb2.jpg

・第四号
solarforce側の電池室を2セルに延長して火力アップ。
20170602011414587.jpg 20170602011414592.jpg

 solarforce等のモジュール式ライトは光源の選択肢が多い為、このやり方との相性がとても良いです。
 複数セルモデル同士を繋げてみたりといった事を試すのも面白いかも?(但し重い)

お手軽防水ケースLOKSAK(ロックサック)

 自分の持ち物を防水したい……けど、嵩張ったり袋を折り込んだり一々面倒な作業とかはしたくない……。
という私みたいな人へお勧めの一品。

2017021822435767c.jpg

 防水ケースLOKSAK(ロックサック)。

 使い方はとても簡単で、ジップロックの様にパカッと開けて、ピッと閉じるだけ。
これで60mの防水性を発揮します。
袋自体にも厚みと柔軟性があって、結構頑丈に出来てます。
私はこれに医薬品や充電器を入れたりしてます。
(当たり前ですがしっかり閉じないと暴発するのでそこんとこ注意です)

 これで突然の豪雨も安心ですよ。

㈱熱田資材 WING_ACE『i.stick』

 プロノでお買い物中に発見。

㈱熱田資材 WING_ACE『i.stick』
スペック:先端光110lm 側面光230lm(最大値)
20170130174737da1.jpg 20170130174737769.jpg

・本体自体はプラ製で軽量。(底面に磁石付き)
ペンライト型ですが胸ポケットにはちょっと太いかも?
見た目は防水っぽいですが無防水な為使用環境には注意。

・側面のスイッチを押す度に発光が先端→側面→先端と切り替わり。
側面は無集光、先端光もワイド寄り配光で扱い易い。
(先端光が側面光に比べちょっと青っぽいです)
最大出力こそそれなりにありますが、それでいて単四電池三本駆動なので短時間作業向き。
少しでも明るい状態を経済的に保ちたいのであれば、エネループプロ系の大容量充電池をお勧め。
(但し若干電池が重くなります。軽量重視なら贅沢にリチウム乾電池も良いかも)

・出力の割に安価な点がポイント。
過酷な環境にこそ不向きですが税込み凡そ1000円で誰にでも買い易い価格帯。

 このライト結構気に入ってます。( ・∇・)

クロミキイチゴのサンプル収穫&試食。

 去年発見したクロミキイチゴ(と思われる)のサンプルをちょこっと収穫してきました。
去年より約2週間遅い訪問でしたが、実り具合を見るに収穫は今&これからという感じですね。

 こちらサンプル。
20160819205958ce3.jpg

 という事で試食(※)。
味は、想像していたより甘さが無く酸味が強いです。
何となく甘味に期待していたのですが、思えば野苺というものは甘さより酸っぱさが目立つものでした。
汁がとても濃い赤色なので、ジャムや果実酒にすると良い色が出そうです。
(※)野草を口に入れる際は毒性の有無を確認する為、事前の下調べを必ず行って下さい。

 実は今一つ鑑定に自信が無かったのですが、味が野苺のそれだったのでやはり野苺である事だけは間違い無さそうです。
それと見掛けによらず種が小さくて、比較的容易に噛み砕けて食べやすかったのが以外な発見でした。

 棘が凶悪なので収穫の際は御注意下さいませ。

UltraFire WF-502B(2015モデル)購入。

 UltraFire WF-502B(2015モデル)を購入しました。
Amazon販売・発送の物を購入したので正規品と信じます。

20160102173840b47.jpg 20160102173719e13.jpg 20160102173840264.jpg
 製品本体自体には説明書も無ければ製品仕様も書かれていない簡素っぷり。
これで3700円ですが大丈夫なのですかね?(それとこのパッケージ背景何処かで見た様な)

20160102173719870.jpg 2016010217384099a.jpg 20160102173859029.jpg 2016010217384073d.jpg
 画像で見るほどゴツくなくスリムな印象。

20160102173840273.jpg 20160102173719ec8.jpg 201601021737192c6.jpg 2016010217384028b.jpg
 金のドロップインモジュールが味があって良いですねぇ。
加工精度はそこそこ良さそうですが、所々細かい傷も有り。といった具合。(アルミ粉が結構出てたので分解掃除しました)

201601021737199bb.jpg
(左:比較のTrustFire C8-T6は青白っぽい光色)
光色:黄色寄りの白。色は良いです。
パターン:中心光は境界線が曖昧で程々なスポットであり近~中距離照射向き。(リフレクターとベゼルの効果で配光パターンが手裏剣の様な形になってます)

 (私はこれで良いのですが)一般の方で高出力ライトが欲しいという人は、修理サポート等のアフターケアも考えるとぶっちゃけあと3~4000円出してブランド品を買った方が良いと思います。😁

OLIGHT M1X STRIKER(ストライカー)を購入。

 初のOLIGHTブランドを購入。主な用途は大閃光による護身。勿論、日常使用にも。

20151215191405f4f.jpg 20151215191405c76.jpg 2015121519140591b.jpg
20151215191405436.jpg 20151215191405ee7.jpg 201512151914050eb.jpg

 以下、外装記載の製品仕様と付属説明書。
 ランタイムのデータはターボモード。
1000→900lmになるまでが5分間であり、直後の3分間で一気に550lmまで落ちその照度を55分間維持するというもの。(電源はCR123A/1500mAh×2)
実用上は最大550lmと考えた方が良いかも。
20151215191442364.jpg 201512151914425ce.jpg 20151216210441ae9.jpg

デレステ快適プレイへ向けたXPERIA最適化(随時更新)

 このページはXPERIA端末で発生している不具合の解消方法を纏めてより良いデレステプレイ環境を目指すものです。ついでに日常使用も良くしましょう。随時追加予定。
(root化の不要な情報だけを取り上げていますが、端末の設定変更は自己責任でお願い致します)

 開発者向けオプション内にあるGPUレンダリング等の設定は機種毎に差がある為ここでは取り上げません。


[機種:XPERIA Z3 Z4 Z5他・各XPERIA共通(Android 5.0~)]

・Android5.0以降のXPERIA端末における発熱対策の一つ。
バッテリードレイン容疑のあるシステム"Photo Analyzer Service"の無効化によるもの。(但し顔認証機能等も無効化されます)

【#Xperiaアンバサダー[03]】Xperia Z4のバッテリー問題と発熱問題を斬る、結果熱は下がりバッテリーは明らかに長持ち、そしてもっさり解消という結果に

Xperia Z4、Z3、Z2などの異常発熱・電池消費の原因は「Photo Analyzer Service」。特にAndroid 5.0以降のXperiaで無効化により改善。

『Xperia Z4、Z3、Z2などの異常発熱・電池消費の原因は「Photo Analyzer Service」』←当ブログの指摘を発展させ、Z4/Z3/Z2シリーズの発熱や電力消費改善に繋げたスマホ評価不具合ニュースさんに感謝

・Google音声検索"OK Google"の暴走による端末不安定化容疑とそれらへの対策。

Xperiaなど、Androidで電池減りが早くなる原因、勝手にONになる「OK Google」音声検索の暴走かも


[機種:Z4タブレット]

11/17追記:
・ソフトウェアアップデートが行われました。
アップデート後のビルド番号は"28.0.A.8.260"。

・Wi-Fi版 SGP712JPにて確認されている09/15アップデート以降のタッチパネル不良。現在修正待ち。アップデート後のビルド番号は"28.0.A.8.251"。
(対症療法として、手で持ったり膝の上でプレイしたり、ACアダプタで充電しながらプレイすると不具合が起きないという報告があります。静電気関連の不具合でアースの役割になるものがあれば良い?)

Xperia Z4 Tablet タッチが反応しない
価格.com - 『9/15のファームアップ後、タッチパネルに不具合発生しました。』 SONY Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデル SGP712JP のクチコミ掲示板


[機種:XPERIA Z ultra]

・私も愛用するズルトラにおける同時押しが認識されにくい問題。これは不具合では無く、スタイラスペン入力時は同時タッチが無効化されるというペン入力最適化仕様によって起きるズルトラ固有の副作用説。
「開発者向けオプション」項目の「長押し感知までの時間」の調節により改善されるとのこと。(私の場合、ここの設定はせず少し強めにタップしてプレイしています)

Xperia Z Ultraがゲームで2点同時押しを認識しない理由についての考察:スタイラスが原因か

Xperia Z Ultra で同時押し(タップ)できない問題の対処法 : イルカペンギン言行録


[XPERIA他全ての機種]

・SDカードの破損による異常発熱。新しい物との交換で解決。

【コラム】Xperia Z4の暴走の原因はSDカード(の不良)だったかもしれない・・・

【10/4更新】デレステ動作報告(XPERIA Z5、Z ultra、Xperia A)

[10/4更新]

[XPERIA Z5 SO-01H]
発売日:2015年10月29日
OS:Android5.1.1
解像度:FHD 1920×1080
CPU:Qualcomm Snapdragon 810 オクタコア
RAM:3GB
備考:余計なアプリ停止済み
Antutuベンチマーク:約48000~64000

 XPERIA Z4の改良後継機種。現時点ではXPERIAスマホの最上級モデル。

[結果]
・3D標準モード:
曲の後半辺りから若干動作不安定な面が。 熱の影響を受けやすいCPUな為、このモードで連続プレイをする場合は合間に休憩を挟んだ方が安定でしょうか。
高負荷が掛かると曲の終わり数秒前に一瞬カクッとする事有り。
(叩く場所が悪いせいか判定が甘いのか不明ですが、リズムアイコン抜けが確認出来ます。ただ、デレステのアップデートで反応が悪くなったという情報があるので端末由来かゲーム由来かは不明。 放熱回りに癖がある機種な為、扱い慣れが必要な印象。 ちなみにズルトラでHTML5のベンチマークテストを行うとカクカクですが、Z5はかなり軽快)

・3D軽量モード:
動作良好。

[おまけ]
・3D標準モード+内蔵スクリーンレコード(FHD解像度):
全体的にかなりカクついていて録画しながらこれをやるのはきついです。MVであればほぼ問題無く録画出来ます。


[9/22更新]

 私の所有するXperia Z ultraによるデレステ(アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ)の動作報告です。ネットは自宅のWi-Fi環境に接続しています。(Z3は防災品として封印中なので無し)

[Xperia Z ultra Wi-Fiモデル SGP412]
発売日:2014年1月24日
OS:Android 4.4.2
解像度:FHD 1920×1080
CPU:Qualcomm Snapdragon 800 2.2GHz クアッドコア
RAM:2GB
備考:余計なアプリ停止済み
GPUレンダリングON(但しベンチマークスコアは殆ど変化せず)
Antutuベンチマーク:約38000~39000

 知る人ぞ知るファブレット。通称ズルトラ。スマホとして見るとミドルスペック+くらいな性能。これが動かなかったら恐らくハイエンドモデルでないと厳しい。

[結果]
3D標準モード:
・動作良好な方ですが……3Dモデルが一瞬カクっとしたり、若干処理が間に合っていない時があるような。気になる人は気になるかも。
※ムービー鑑賞モードの場合はプレイ時より滑らかな印象ですが、端末の日常使用を考えるともう少し余裕を持った機種を選ぶ方が良いかもしれません。
9/11追記:
※スペックとは別にズルトラ固有の癖で、アイコン同時押しに弱い可能性が指摘されています。確かに反応不良がたまにある為、精密なプレイには不向きな端末と評価。

3D軽量・2D標準モード:
・動作良好。
ハイエンドモデル以外ではこちらが安定でしょうか。
(※高スペック機を謳っていてもパーツ性能の配分バランスが悪いと所謂モッサリの原因となります。一概にこの端末スペック以上の機種が良いとは言えませんので注意です)


[※追記]
Xperia Aでの動作確認をしました。

[Xperia A SO-04E]
発売日:2013年5月17日
OS:Android 4.2.2
解像度:HD 1280×720
CPU: Qualcomm Snapdragon S4 Pro 1.5GHz クアッドコア
RAM:2GB
Antutuベンチマーク:約28000~

 これはエントリーモデルとして普及した機種。全体的にごく普通なスペックであり既に2年前の機種。

[結果]
3D標準モード、3D軽量モード:
・カクつくというより、全体を通してモデル、アイコン共にフレームレートが足りないという印象。高速コマ送り状態。
プレイ自体は出来ますがこれでやるのはちょっと辛いです。

2D標準モード:
・動作良好。
この世代のエントリーモデルで遊ぶ場合はこちらが良いかもしれません。
※9/22追記:軽量モードでもリズムアイコンの動きがカクつく事が多いと判明。この程度のスペックではデレステに不向きかもしれません。(普通に出来たり出来なかったりと不安定。性能ギリギリなのかも)

植物探索レポ:バイカモ

 見付けました。バイカモです。(本個体がどの種類かは不明)

 よくアクアリウム用として販売されている水草の一種であり山菜としても利用されます。
基本的には清流域に棲息する為、地元では珍しい植物です。
仕事先にあった水路を覗いてみたところ沢山生えていたので思わず驚きました。
この規模はここら辺ではそう簡単にお目に掛かれないと思います。
(直ぐ近くに本流があり、数百メートル先はもう海です)

撮影日時:2015/10/02
20151002083044bac.jpg 20151002083044338.jpg 20151002083044f6e.jpg

 アップロード容量限界の為画像は荒いのですが、現物をよーく見ると、花弁5枚の白い小さな花が確認出来ます。
時期が良ければもっと沢山の花を見る事が出来るかもしれませんね。
(写真には写っていませんが、20cm近い川カジカらしき死骸もありました。上流の環境が良さそうなのでどうなっているのか気になります)

20151002084854803.jpg
 発見場所はこういった住宅街でありそれなりに海の近くです。
ここにあった看板の内容から察するに、冬は雪捨て場と化しているっぽいので個人的には「やめて!(> <;)」と内心思わずにはいられない光景でした。(笑)

撮影場所:北海道(旧上磯町)北斗市戸切地川支流
2015100208552579a.jpg 201510020855252a3.jpg
プロフィール

YU-KI.(本名:管藤勇気) 写真が私。アウトドアをちょっとかじってます。

Author:YU-KI.(本名:管藤勇気) 写真が私。アウトドアをちょっとかじってます。

連絡先
twitter: https://twitter.com/ Yu_ki_831322
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ランキング
カウンター
当サイトに関して
■リンク
 当サイトへのリンクは御自由にどうぞ。

■著作権
 当サイトに掲載されている、引用記事を除く全ての内容の著作権はYU-KI.及び管藤勇気に帰属します。これらを許可無く転載、複製並びに改竄する行為は禁止されています。

■免責事項
 当サイトは創作物、アウトドア、ガジェットといった内容を主として取り扱い、一部に刺激の強いコンテンツが存在します。
当サイト御利用に関する、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては当サイト運営者は一切責任を問わないものとします。
当サイトからのリンクよって他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。