スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ超会議における自民党宣伝カー。ちょっと酷くないですかこれ。

 私達を舐めてるの?
とでも言っておきましょうか。

 はあ、悲しくなりますな。
漫画規制を推し進めていても、二次元さえ見せびらかせば自分達にくっついてくると思われているのかもしれませんねぇ。

ニコニコ超会議の自民党宣伝カーをご覧ください

オタク層は完全に舐められているとしか思えません。
こういったやり口にもですが、こういった扇動に乗せられるオタク層が恐らく居るであろう現状に私がどれ程ムカついている事か。
党単位で言えば、創作物規制の最たる政党が自民党公明党ですからね?
スポンサーサイト

コンテンツ文化研究会へ寄付

 コンテンツ文化研究会へ五千円ばかりを寄付しました。(寄付は二回目)
 ここは現役で活動中の、大雑把に言えば反表現規制に関する講演や啓発活動を行う民間組織の一つです。

 ご興味のある方はHPを覗いてみて下さいね。

自民党、今国会に青少年健全育成基本法案を提出予定か? 馳浩氏(自民党・衆議院議員)のHPより。<

――04/21――
■自民党、今国会に青少年健全育成基本法案を提出予定か? 馳浩氏(自民党・衆議院議員)のHPより。
――――
衆議院議員 馳浩のはせ日記 :2012/04/12‐平成24年4月12日(木曜日)
――上記より抜粋――
8時、党本部。 「青少年健全育成基本法」の自民党案を、了承。 このテーマは、今から13年前の、俺が参議院議員時代からの懸案。 「全国の青少年健全育成条例の基本となる基本法が必要だ!」 「青少年の健全育成のためには、憲法の表現の自由も無制限ではない。一定の制約を受けることはありうる!」 「当時はテレクラ規制、現在はネットカフェ規制。いつの時代も事業主と規制はいたちごっこ。その基本となる法律が必要ではないか!」 「結局は、事業主の自主規制のガイドラインを促すのみだが、社会に対してアナウンスメント効果がある!」 などなどの議論で、13年もお蔵入りしてきた基本法。 ぜひとも、公明党との連携のうえ、国会提出したい。
――抜粋終了――
――参議院に提出された法案可決を求める署名――
件名:青少年健全育成基本法の制定に関する請願 新件番号:434 件数:3 署名者数(計)274 紹介議員:鴻池祥肇氏(自民)上野通子(自民)島尻安伊子(自民)
件名:青少年健全育成基本法の制定に関する請願 新件番号:434 件数:2 署名者数(計)39 紹介議員:山崎正昭氏(自民)中川雅治氏(自民)
――――
――――

 これは法案提出来ますね。
何故こうも、自民党議員は思想統制的なものに向かうのでしょうかね。

04/06更新:アニメコンテンツエキスポ2012開催。03/31日の来場者数、約2万1000人。04/01もほぼ同一の約2万1000人が来場。合計で約4万2000人が来場した。

――04/01――
■アニメコンテンツエキスポ2012開催。03/31日の来場者数、約2万1000人。04/01もほぼ同一の約2万1000人が来場。合計で約4万2000人が来場した。
――――
ねとらぼ:2012/047/02‐嵐の中でも大盛況! アニメコンテンツエクスポ会場リポート (1/2) (2/2)
日刊サイゾー:2012/04/02‐交通網が大混乱でも来場者多数! 「アニメコンテンツエキスポ2012」ついに開催
MANTANWEB:2012/04/01‐<アニメコンテンツエキスポ>初日の来場者数は2万1000人2012/04/02:<アニメコンテンツエキスポ>総来場者数は4万2000人
┗アニメコンテンツエキスポ2012開催。03/31の来場者数は約2万1000人。04/01もほぼ同一の約2万1000人が来場し、合計で約4万2000人が来場した。
GIGAZINE:2012/03/31‐アニメ業界が本気を出したイベント「アニメコンテンツエキスポ2012」が開幕
――――

 出版社の皆様も、お客さんの皆様も、お疲れ様でした。

 04/06追記:
2012/04/05‐アニメコンテンツエキスポと東京国際アニメフェアの来場者数比較検証、今後の両イベントの行方は?

(第156議案ver.)新東京都青少年健全育成条例の可決されるまでの経緯

 YU-KI.が条例案提出前から集めていた新東京都青少年健全育成条例が可決されるまでの経緯 の一覧です。(中身は第156議案の新しい方です)
見出し一覧でかなり粗いですが、せっかくなので公開。(ちなみに、詳細情報は膨大過ぎて掲載出来ません。欲しい方が居ればテキストファイルで送れるかも?)


――第30号議案ver.が否決されてからの経過情報――
06/19:署名終了、第2幕を検討中
06/20:民主党都議・松下玲子氏が都政報告会を開催
07/01:都議会での、反対派都議に対する野次が話題に
07/13:BL系雑誌コミックJune8月号が不健全図書指定に
07/15:朝日新聞(大阪版)、性表現や成人向け図書の区分陳列に関しての偏向報道
07/23:都議会民主党のその後について、民主党都議・新井ともはる氏からの情報(2010/07現在)
08/04:雑誌協会陥落? 東京都にて、意見交換会「青少年健全育成のための図書類の販売等のあり方に関する関係者意見交換会」(第1回)開催
08/24:諦めない東京都。08/24に杉並警察署で開催された杉並母の会の役員会にて、東京都青少年健全育成条例改定案の話
2010/08/30:東京都青少年・治安対策本部より、青少年健全育成のための図書類の販売等のあり方に関する関係者意見交換会・第2回にて、意見交換会参加のPTA関係者、「表現の自由を制限してこそ正常な社会が成り立つ。それが業界の発展になる」と発言。
09/07:東京都健全育成条例改定案再提出の動き
09/07:9月都議会での東京都青少年健全育成条例改定案再提出は見送りへ
09/11:劇団・笑の内閣、非実在少年をテーマにした表現規制に関するイベント「第11次笑の内閣 非実在少女のるてちゃん」を開催
09/18:日本マンガ学会、表現規制問題についての情報交換会、関西交流部会第60回例会開催
09/21:東京都議会平成22年第3回定例会が開催。都知事・石原慎太郎氏が条例改定案について言及、再提出の意向を示す。 東京都治安対策本部、条例改定案可決に向け各地で説明会を開催
10/10:東京都、ポルノ・買春問題研究会とセーブザチルドレンを招き、東京都青少年健全育成条例改定案に関する説明会を開催?
10/11:劇団・笑の内閣、非実在少年をテーマにした表現規制に関するイベント「第11次笑の内閣 非実在少女のるてちゃん」、「反社会的」として講演を拒否される
11/05:続報 小学館幹部のお話・12月都議会にて条例案強行可決の危険性有り?
11/12:【松下玲子「都政報告会」】開催 条例改定案再提出について説明
11/13:コンテンツ文化研究会、東京都青少年健全育成条例改定案に関するイベント‐「実在青少年問題を考える-私達に何ができるのか?-」を開催
11/22:東京都青少年健全育成条例改定案(第2号)が公開 より改悪された内容に
11/25:日本ペンクラブ、東京護士会が、東京都青少年育成条例改定案に対し2回目の反対声明を発表
11/25:コンテンツ文化研究会、民主党、共産党、自治市民’93に意見書提出 11/26:都議会民主党、29日の総務部会で賛否を決定
11/29:出版流通対策協議会、日本漫画家協会、21世紀コミック作家の会、マンガジャパンが、東京都青少年健全育成条例改定案に対する反対声明を発表
11/29:ニコニコ動画でアンケート 東京都青少年健全育成条例改定案反対60%賛成5.8%にという結果に
11/29:ちばてつや氏らが条例改定案について記者会見開催&出版社側、「野放し論」に反論する
11/30:「有害」コミック問題を考える会、都議会本会議における石原都知事の所信表明演説傍聴後、関係者らを募り懇談会を開催 都議会共産党、生活者ネット・みらい、自治市民、東京都健全育成条例改定案に対し反対の姿勢を明確に
12/01:東京都議会開会
12/01:出版労連、東京都青少年健全育成条例改定案に反対する声明発表&反対集会を開催
12/01:全国同人誌即売会連絡会、東京都青少年健全育成条例改定案に対し反対声明発表
12/01:都議会民主党、12/07の都議会代表質問で賛否を表明予定
12/02:シナリオ作家協会、東京都健全育成条例改定案に対し反対声明発表
12/02:統一教会、条例改定案可決推進デモを計画
12/02:都議会民主党・山口拓氏、出版社に脅迫される?
12/03:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」、東京都青少年健全育成条例改定案に関する記者会見を開催
12/03:都小P、都知事に条例改定案可決要望書を提出&都知事・石原慎太郎氏の失言「性描写、日本は野放図」「テレビなんかにも同性愛者が平気で出る」←改定案は倫理規制と判明
12/03:日弁連、東京都青少年健全育成条例改定案に対し反対声明発表
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」、緊急シンポジウム「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」開催
12/08:角川書店社長・井上伸一郎氏「都の姿勢に納得できない」として、角川書店「東京国際アニメフェア」の出展中止。コミック十社会も足並みを揃える
12/11:第11次笑の内閣 「非実在少女のるてちゃん」(第2回)を開催
12/13:東京都議会総務委員会にて条例改定案、付帯決議付きで可決
12/14:首相・菅直人氏、出版社の東京都国際アニメフェア参加拒否に関して言及する
12/15:東京都議会本会議にて東京都青少年健全育成条例改定案、付帯決議付きで可決、7月より施行&不健全図書指定(第8条第1項第2号)の基準となる東京都規則案公開(電子書籍・ゲームソフトも対象に)
12/15:東京都青少年健全育成条例改正案可決に対して出版倫理協議会が抗議声明を発表
12/15:石原慎太郎氏オンリー同人イベント『二次元の季節』開催
12/17:集英社、小学館、講談社、自社HPにコミック10社会の「東京国際アニメフェア2011に関する緊急声明」と出版倫理協議会の「抗議声明」を掲載
12/17:「傑作」ならOK?条例の恣意的運用を認める副知事・猪瀬直樹氏
12/18:東京都によるPTAへの広報活動、18禁漫画をどの様に利用した?
12/28:漫画等における「18歳以上」の表記は「無効化」され得る可能性 2011/01/26:東京国際アニメフェア2011参加中止、計91社に(国内125社、海外28社の計153社)
01/30:条例改定案をテーマとした、中高生世代主催の意見交換会が開催。青少年治安対策本部の担当者も参加
02/07:東京都青少年・治安対策本部、出版倫理協議会に有害図書指定に関する専門委員会設立を持ち掛ける
02/14:「同人誌」は改定条例の規制対象内
02/16:平成23年東京都議会第1回定例会開催。石原慎太郎氏、出版社に対し東京国際アニメフェア2011参加協力に関する要請文を送っている事が判明
02/18:改定条例について時期東京都知事候補らの立場:渡邉美樹氏「賛成」、共産党・小池晃氏「廃止する」、現神奈川県知事・松沢成文氏はゲーム脳論者、前宮崎県知事・東国原英夫氏は慎重派?
03/17:地震の影響により、東京国際アニメフェア2011&アニメコンテンツエキスポ開催中止。
03/23:MIAU、都知事選に向け出馬候補者へ、情報通信政策やインターネット、アニメ・漫画規制に対する姿勢を問う「都政におけるメディアに関する政策についてのアンケート」を実施。
04/09:改定条例対策? 出版倫理協議会「児童と表現のあり方検討委員会」開催。 出版倫理協議会が"成年向け漫画"を含めた性表現自粛案を提案(04/26更新)
04/12:東京都青少年治安対策本部へゲーム規制に関する電話質問。←ゾーニングしても規制強化。
04/21:「チャンピオンREDいちご(秋田書店)」連載漫画「あきそら(作・糸杉柾宏氏)」1・3巻が"7月以降"の重版が禁止に。 性表現ではなく近親相姦表現によるものとの事。
04/09:
・出版倫理協議会による「児童と表現のあり方検討委員会」にて、成年向け漫画を含めた(ロリ系を中心とした)性表現自粛案を提案していた事が判明。(■後に案の白紙後、再検討に) ・出版倫理協議会、反対運動の最中、東京都側に対しロリエロ系表現自粛を表明していた事が判明。(他、児童ポルノ法対抗策としての「児童と表現のあり方検討委員会」についての補足事項) 04/18:東京都青少年・治安対策本部、04/14の出版倫理懇話会の会合にて、新東京都青少年健全育成条例(第156号議案)で「不健全指定を検討」とし図書7点を例示。
05/17:アニメコンテンツエキスポ中止に関して、石原慎太郎氏が震災を引き合いに出し暴言
06/03:出版倫理協議会、出版倫理懇話会に対し「13歳未満に見えるキャラクターによる性描写自粛案」を再度要請。
07/01:改定東京都青少年健全育成条例施行(第175議案)
07/10:出版倫理協議会、出版倫理懇話会に対し「13歳未満に見えるキャラクターによる性描写自粛案」を再度要請した件に関し、出版倫理懇話会は申し合わせ案を拒否。独自路線を構築する模様。
09/16:東京都青少年・治安対策化(発言者不明)、青少年健全育成条例改正による創作物規制の必要性について、東京・埼玉幼児連続殺人事件を例示。(同時に質問内で、不健全図書の影響論に関する学術的根拠は存在しないと発言。回答自体が宮崎勤氏の話からは若干ずれている印象。というより宮崎勤氏とこれは関係が無い話な気がします。人によって印象が変わるかもしれません)
09/29:サムライファクトリー、東京都青少年健全育成条例に関する絵師へのアンケート調査「絵師白書2011」公開。半数以上の絵師が「表現に気をつけるようになった」等、何らかの影響を受けていると回答。
10/24:「アニメコンテンツエキスポ2012(ACE)」、2012/03/31~04/01に幕張メッセで開催予定。
02/13:第620回・東京都青少年健全育成審議会議事録、審議書籍に関して参加委員からは「存在していいのか」「販売中止に追い込みたい」「店頭から消えてほしい」といった発言が飛び出す。
02/25:新東京都青少年健全育成条例成立から1年間の、BL雑誌の"ぼかし"や"修正量"の変化について。結果から言うと全体的にエロ度合いが減少し修正度合いが増加の傾向に。(但し出版業界側の意図が不明瞭な為、因果関係は不明)
02/27:アニメコンテンツエキスポ2012、参加予定の出展社・出展作品の第1弾を発表。
02/29:元衆議院議員・たるい良和氏による新東京都青少年健全育成条例施行後の影響に関するアンケート。 規制対象の曖昧さから来る判断の難しさ、印刷側における修正強化、創作意欲の減退、収益減等の訴え。
03/23:「東京国際アニメフェア2012」開催。総来場客数25%減。
04/01:アニメコンテンツエキスポ2012開催。03/31日の来場者数、約2万1000人。04/01もほぼ同一の約2万1000人が来場。合計で約4万2000人が来場した。

青少年健全育成基本法案プロジェクトチームの第4回会合開催。 青少年健全育成基本法案提出に向け審議ペースの加速をする模様。

――02/21――
■青少年健全育成基本法案プロジェクトチームの第4回会合開催。 青少年健全育成基本法案提出に向け審議ペースの加速をする模様。
――――
参議院議員「義家弘介」OFFICIAL WEB SITE:2012/02/21‐【青少年健全育成基本法案プロジェクトチーム】 第4回会合
┗青少年健全育成基本法案プロジェクトチームの第4回会合開催。 青少年健全育成基本法案提出に向け審議ペースの加速をする模様。
――――「青少年健全育成基本法案プロジェクトチーム」とは――――
自民党 参議院議員 ありむら治子 ホームページ:2011/08/05‐平成23年8月5日 青少年健全育成基本法PTを立ち上げ
┗参議院自民党、青少年健全育成基本法PT設立。2004年に提出した青少年健全育成基本法案に現況に合わせて修正を加え、参議院において議員立法案として提出する事を目指す方針。
――――

03/27更新:東京都青少年健全育成条例に関するネタ2つ。「施行後の影響」と「審議委員の問題発言」。

――02/29――(03/27更新)
■元衆議院議員・たるい良和氏による新東京都青少年健全育成条例施行後の影響に関するアンケート。 規制対象の曖昧さから来る判断の難しさ、印刷側における修正強化、創作意欲の減退、収益減等の訴え。
――――
やったるい! たるい良和の『エンターテイメント立国』:2012/03/21‐アンケートを基に、条例への意見書など、都議会と繋げます。
やったるい! たるい良和の『エンターテイメント立国』:2012/02/29‐東京都青少年の健全な育成に関する条例を受け、何がどうなっているのか?具体的な実例が必要です。2012/03/07‐都の条例を受けてのアンケートから見た実情。2012/03/14‐(続)都の条例を受けてのアンケートから見た実情と今後の対応について。
元衆議院議員・たるい良和氏による新東京都青少年健全育成条例(第156議案)施行後の影響に関するアンケート。
規制対象の曖昧さから来る判断の難しさ、印刷側における修正強化、創作意欲の減退、収益減等の訴えがあった。(引き続き募集中)
――――

――02/29――
■第620回・東京都青少年健全育成審議会議事録、審議書籍に関して参加委員からは「存在していいのか」「販売中止に追い込みたい」「店頭から消えてほしい」といった発言が飛び出す。
――――
えふすくBlog 2ndSeason:2012/02/29‐第620回 東京都青少年健全育成審議会議事録を読む
第620回・東京都青少年健全育成審議会議事録(2012/02/13)より。審議書籍に関して参加委員からは「存在していいのか」「販売中止に追い込みたい」「店頭から消えてほしい」等という発言が出た。(審議に掛けられた書籍全てが漫画では無いが、表現規制に関してこういった発言があったという参考までに。 審議会の意義を正す発言者が他に居るのが救いか)
――――

03/27更新:「東京国際アニメフェア2012」開催。総来場客数25%減。

――03/23――
■「東京国際アニメフェア2012」開催。総来場客数25%減。
――――
東京国際アニメフェア2012:2012/03/25‐TAF2012 来場者数 速報
GIGAZINE:2012/03/22‐これまでと事情が異なる「東京国際アニメフェア2012」開幕、今後の行方は?2012/03/23‐東京国際アニメフェア2012のメディア関連ブースに異変、出展しないキー局もあり2012/03/24‐来場者数が減少気味な東京国際アニメフェア2012パブリックデーの様子2012/03/24‐東北ゆるキャラ特集や等身大アクエリオン、牙狼ミュージアムなどTAF2012を彩るブースいろいろ2012/03/26‐東京国際アニメフェア2012の来場者数は10万人を下回り前回比75%に
MANTANWEB:2012/03/25‐<東京国際アニメフェア>来場者数は9万9000人の大台割れ
MSN産経ニュース:2012/03/25‐都条例めぐりアニメフェア分裂 性描写規制、和解遠く(1/2ページ)(2/2ページ)
オリコン:2012/03/20‐『国際アニメフェア』と『アニメコンテンツエキスポ』共存かそれとも…?
――――
 「東京国際アニメフェア2012」総来場者数が、2010年開催時から約25%減になったそうですよ。

茜新社より回答。 Amazon側、コミックLOを「不適切と判断」し販売中止にした模様。

――03/21――
■茜新社より回答。 Amazon側、コミックLOを「不適切と判断」し販売中止にした模様。
――――
天使航路:2012/03/20‐AmazonでのコミックLO販売停止のその後を茜新社に聞いてみました
┗AmazonにおけるコミックLO販売中止に関する茜新社への電話問い合わせ。コミックLOは「不適切と判断」された為に販売中止となった模様。(リンク先はサーバーダウンにつきキャッシュ公開中とのこと)
――――

 LO再販の噂もあるそうですが、まだこれは噂の段階ですので割愛。
(余談ですが、事の発端となった例の方に関して。 何やら氏の内実が暴露され大炎上状態となってますが、人格攻撃は控えましょう。 個人叩きに走ると理論は胡散臭くなります)

22歳になりましたがAmazonでLO取り扱い中止だそうですよ。

 03/12付けで22歳になりましたYU-KI.こと管藤勇気です。
また一歩年を取ってしまいましたね。 時間の流れは光の如く速いものです。

 さて、誕生日だからと言って吉報ばかりでは無いのが世の中と言うもの。
まあ吉報自体有りませんでしたが、それは置いといて本日の話題はこちら。

――03/12――
■Amazon、コミックLO及び関連単行本取り扱いを中止。 茜新社、Amazonへ問い合わせ中。
――――
メンズサイゾー:2012/03/13‐通販大手Amazonがロリータ専門コミック誌を排除!? 販売元も困惑
てんたま氏ツイッター:
https://twitter.com/#!/tentama_go/status/179117629015986176・https://twitter.com/#!/tentama_go/status/179395198386843650
――――

 Amazonさんが、コミックLOの取り扱いを中止した模様です。(関連書籍も軒並み取り扱い中止な感じです。 少し前までは扱っていたのですがね)
今回の件、とある方が児童ポルノ規制運動の一貫としてAmazonへリンクを貼りLO叩きをしていましたので、それが原因では無いかと言われています。 しかし、一個人からのクレーム如きで商品の取り扱いを止めるか?という反論もちらほらと。(取り合えず、人格攻撃は駄目ですよ皆さん。 それと、他のエロ漫画は残っていますので、純粋にそういったジャンルに対する取り扱い中止とは違う気も)
 私的に思う所としては、アダルトグッズから何でも御座れのAmazonさんですから、普通に利益ダウンなのかな?とも思ったり。
茜新社さんも困惑気味。 情報不足ですので現在は静観中。 続報をお待ち下さい。


03/14追記(Amazonの過去に関して):
ZAKZAK:2009/01/20‐ますます買いづらく…アマゾン、特殊エロ規制の不思議
┗Amazonは2008年12月上旬、一部の成年コミックを登録から削除。出版社側に「鬼畜系」「ドラッグ」「残虐」「食糞」等の表現を含む書籍の掲載を削除すると説明した。

 
 余談。
「オタク亡国論」って何でしょうか?
ggってもこれを定義する言葉が見つかりません。
前述の件に関するスレッドが2chに立ってましたのでこの言葉について質問してみた所、「オタク増える→二次元しか興味無くなる人増える→出生率低下→日本滅亡」的な意味だそうです。
 正直な感想、これは酷い。 我々は、日本を破壊出来るほどに力を持ち合わせていたのでしょうか。
ちなみにこの言葉、LOを槍玉に挙げた方のプロフィールに書いてあったものなのですよね。 自称、オタク亡国論者だそうです。 なんだそりゃ。
更に「反差別」を掲げていて余計になんだそりゃでした。
プロフィール

YU-KI.(本名:管藤勇気) 写真が私。アウトドアをちょっとかじってます。

Author:YU-KI.(本名:管藤勇気) 写真が私。アウトドアをちょっとかじってます。

連絡先
ご連絡はツイッターまで:https://twitter.com/Yu_ki_831322
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ランキング
カウンター
当サイトに関して
■リンク
 当サイトへのリンクは御自由にどうぞ。

■著作権
 当サイトに掲載されている、引用記事を除く全ての内容の著作権はYU-KI.及び管藤勇気に帰属します。これらを許可無く転載、複製並びに改竄する行為は禁止されています。

■免責事項
 当サイトは創作物、アウトドア、ガジェットといった内容を主として取り扱い、一部に刺激の強いコンテンツが存在します。
当サイト御利用に関する、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては当サイト運営者は一切責任を問わないものとします。
当サイトからのリンクよって他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。